「テキーラの日」Celebration Party 2022

「テキーラの日」Celebration Party 2022

「テキーラの日」Celebration Party 2022

今年の「テキーラの日」は、2019年の記念イベント以来3年ぶりにCelebraion Partyを開催します!
テラススペースには1日限定でメルカド メヒカノ“Tianguis“(市場)もオープン。
メキシコを旅するように、運河と緑に囲まれた天王洲アイルにあるオーシャンスタイルの会場を回遊しながら、メキシコの食文化を体感し、お好きなテキーラを自由にお楽しみください。

※入場チケットが必要な「Ticket Area」と、無料開放される「Free Area」の2スペースで開催します

開催概要 – Ticket Area

Detail

日時:7月24日(日)
   1部:12:00~15:00 / 2部16:00~19:00
※各回入れ替え制・再入場可
会場:RIDE(天王洲アイル)
入場料:前売り5000円/当日6000円
※テラススペースは12:00〜19:30まで無料開放
※フレアバーのカクテルチケット2枚付き
※「テキーラジャーナル2022」無料配布

Contents

・ウェルカムカクテルの提供
・テキーラやメスカルのフリーテイスティング
・マルガリータづくり体験コーナー
・ビールやフードの販売
・セミナーやワークショップ
・試飲ブランドのボトル販売(運営:武蔵屋)

試飲ブランド・出展一覧

Tequila of the Year 2022

~あなたが選ぶ2022年のテキーラブランドを決定~
会場で試飲できるブランドの中から、あなたの投票で決める「今年のテキーラ」。熟成別の4つのカテゴリーからお好きなブランドを1つ選んで投票ください。結果は「テキーラジャーナルHP」で発表します。
※7月24日~31日までオンラインで投票を受け付け予定。

Seminar & Workshop

各講座はチケットページよりお申し込みが可能です。
※Ticket Areaでの実施となるため、入場チケットは別途必要となります。

食器の絵付け体験

①12:30-13:30 / ②16:30-17:30

講師:加納亜美子-株式会社アリべ(西洋磁器史研究家/料理研究家)
1回3000円(税込、材料費込)/各回10名限定

マーカーを使ってオリジナルの食器を作ってみませんか?ポーセラーツインストラクターの資格を持つ講師が、簡単に描けるアガベやメキシコの伝統文様などをレクチャーします。完成した器は、そのまま飾るのも良し、自宅のオーブンで焼成すれば食器としてもお使いいただけます

フィーバーツリーとフォルタレサでオリジナル「パロマ」を作ろう

常時実施

講師:深水稔大 – フィーバーツリー ジャパン シニア ブランドアンバサダー、日高理恵 – フィーバーツリー ジャパン ブランドアンバサダー
参加費無料

ブランドアンバサダーのバーテンダーから作り方を教わりながら、自分でオリジナルのパロマを作るワークショップコーナー。入場券をご購入の方はどなたでもご参加可能です。

Ticket

前売り 5000円 / 当日 6000円
入場チケットのご購入はこちら

チケットページ

Peatixのほか、下記のバー・レストラン等にて直接販売も行っています。
チケット販売店一覧

開催概要 – Free Area

Detail

会場:キャナルガーデン (入場無料)
営業時間:12:00~19:30
・フレアバーでのカクテル販売あり
・メルカド メヒカノ“Tianguis”スペースあり

※チケット購入がない方や、1部・2部前後にどなたでもご利用可能です。
※Kids&Dog Friendry

左から後藤啓介(ゴリチョ)、山本圭介(KSK)、安孫子優(ABI)
Flair Bar

テラスにあるカウンタバーでテキーラカクテルを販売します。
1部・2部共、各3回のフレアショータイムを予定しています。
【フレアショータイムテーブル】
1部:11:50 / 13:30/ 14:50
2部:15:50 / 16:30 / 18:50

Mercado mexicano “Tianguis“

1日限定!メキシコを旅するように楽しむメルカド(市場)が天王洲アイルにオープン。
メキシコ雑貨・アート・グラス・食材・食器類・伝統工芸品・テキーラグッズ・観葉植物(アガベやサボテン)など、メキシコ関連商品が満載。
メイン会場でご紹介する試飲ブランドのボトル販売コーナーや、旅行会社によるメキシコ旅行案内ブースも登場!
出展一覧

Access

【会場:RIDE/天王洲キャナルガーデン】
https://ride-tennoz.tokyo/
品川区東品川2-2-24天王洲セントラルタワー1F キャナルガーデン